2016/04/28

Macで複数ファイルの名前を変更する

スポンサーリンク

写真の整理をしていたときに、ファイル名を一括で変更できないかなぁ、と思っていたときに見つけた機能をご紹介します。

動作環境はMac OS X Yosemite 以上です。
Windows だったり、Mac でもYosemiteより以前のバージョンだとできないのでご注意くださいませ。

そんなわけで、やってみましょう。

よくリネームアプリを入れてやる方法があるのですが、今回のやり方はアプリは入りません。
そこが一番いいなーと思ったポイントです。

全然知らなかったのですが、Macの標準アプリであるFinderでできちゃうのです。うーん。素敵。

と言うわけで、Finderを開きましょう。

そうしたら、名前を変えたいファイルを1つのファイルにまとめて置いておきましょう。

そして、ファイル名を変えたいファイルをすべて選択してください。

file_rename_0.png

選択したファイルの上で右クリックをしてメニューを表示します。

file_rename_1.png

このメニューから「X個の項目の名前を変更…」を選択してみてください。

file_rename_9.png

そうすると、こんな画面が表示されますよね。

file_rename_3.png

この画面でいろいろな方法でファイルの名前の変更ができるようになります。

まず最初に表示されている「テキストを置き換える」をやってみましょう。

mac_file_rename_04.png

「検索文字列」にはファイルに含まれている共通の文字列を指定します。
「置換文字列」には検索文字列を置き換えたい文字列を指定します。
ここだと、「DSC0」を「DSC1」に変えようとしています。
どのように変更されるのかというのを、その下にある「例」のところで確認できます。

他の方法を見ていきましょう。「テキストを置き換える」の右側にある矢印のボタンを押してみましょう。
そうすると、他の方法を選択できるようになります。

では、次は「テキストを追加する」を選んでみると、このような画面になります。

mac_file_rename_05.png

「テキストを追加」の右側に追加したい文字列を指定します。
そして、その文字列の右側に「名前の後」か「名前の前」を選ぶことができます。
ここでも、その下の「例」のところで変更後のファイル名を確認できます。

では、もう一つのやり方も見ていきたいので、「フォーマット」というのを選択してみましょう。

mac_file_rename_06.png

この「フォーマット」という方法はより細かい設定をできたりします。
この例だと、「名前のフォーマット」は「名前をインデックス」を選択していますが、ファイル名に連番を付けてくれます。
更にファイル名も変えたい場合は、「カスタムフォーマット」にファイル名を指定することもできます。
ここも下にある「例」のところで変更後のファイル名を確認できるのでいろいろやってみるといいでしょう。

変更したい方法を選択して、設定が完了したら「名前を変更」ボタンをクリックすると、選択しているファイルの名前が変わります。

こんな感じで簡単に複数ファイル名の一括変更ができてしまいます。

ここまできめ細やかなファイル名の変更が専用アプリがなくてもできてしまうなんて、やっぱり素敵ですね
どんどん使っていこうと思います。

スポンサーリンク