2016/12/29

SierraにしてからMacBookProのバッテリーの持ちが悪くなった。

スポンサーリンク

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014) を使ってます。
1ヶ月ほど前にOSをSierra(10.12.1)にアップグレードしました。

最近、電源を外して使うことが増えてふと気づいたんです。
バッテリーがあっという間になくなる。
2時間くらいで、残り5%とかになっちゃうんです。

もともとは半日(6時間)くらいは持っていたはずなのに、さすがに2時間は短すぎる!

一晩充電して、電源を外して、起動してみると、、、

100% なのに2時間ちょっと…。

SierraにしてからMacBookProのバッテリーの持ちが悪くなった。

「エネルギー消費が著しいアプリケーション」が表示されるのでそれを切ってみてもあまり変わらず。
他にもいろいろと試してみるものの、改善されず。

もしかして、OSが悪い?
と、ふと思い立ちまして。そう、だって、アップデート来てたし。

というわけで、せっせとアップデートしてみました。

スポンサーリンク

で、アップデート完了後がこちら。

SierraにしてからMacBookProのバッテリーの持ちが悪くなった。

増えてる! 電源繋がないままアップデートしたので残量は減ってるけど、残り時間は増えてる!

ちなみに、、、Sierra(10.12.2)からはメニューのバッテリー残量をクリックしても、残り時間をみることはできなくなって、
アクティビティモニタのバッテリーのタグを開くと、一番下に表示されています。

SierraにしてからMacBookProのバッテリーの持ちが悪くなった。

アクティビティモニタはSpotlightから開くか、LaunchPadのその他のフォルダに入っていると思います。

そうこうしつつ、30分経過後の残り時間がこちら。

SierraにしてからMacBookProのバッテリーの持ちが悪くなった。

%表示は減っているけど、残り時間は増えてるw

アクティビティモニタのキャプチャはさらに時間が経ってから撮ったのですが、残り時間が全然減ってないですね。

使用時間と残り時間を足すと6時間くらいになるので、以前と同じくらいは使えるようになったのかしら…

その後しばらく使い続けてみました。Chromeは起動しっぱなしで、Atomエディタでコーディングとターミナルでいろいろと…
そこまで負荷はかかってないと思いますが、5時間ちょっと経過したところで、こんな感じです。

SierraにしてからMacBookProのバッテリーの持ちが悪くなった。

残り40分ほどなので、6時間は超えるかなーと言ったところですね。
(バッテリー駆動でOSアップデートしたりしているので。)

翌日、100%の状態がこちら。

SierraにしてからMacBookProのバッテリーの持ちが悪くなった。

昨日の2時間に比べたら劇的な変化! これなら普通に使うことができます。

OSアップデートをしたところでまた別の問題がありましたが、またそれは別の話ということで…。
とりあえずバッテリー問題は解決できてよかった!

スポンサーリンク