我が家で愛用しているBOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker II
小型なワイヤレスタイプですが、とても音がいいので気に入っています。

が、、、電源系のトラブルが多いような気がします。
以前、充電がされなくなる場合の対処法という投稿をしましたが、
こちらの件はその後何度か再現して、同様に対処していました。

購入から1年半弱が経過したわけです。

今回の症状

今回は気がついたときにはバッテリーランプが赤く点滅していました。
我が家の使い方としては、基本的にはクレードルに乗せて充電(給電?)しながら使って、
たまに別の部屋で使いたいのでクレードルから外して使っています。

充電できなくなったときと同じ対処法の1つである再起動をしてみましたが、赤ランプ点滅のまま…。
電源アダプタを外すとランプは消灯します。
でも、電源ON/OFFも効かない、という状態です。
再起動も一応全部のランプは点滅するものの、されているのかどうなのかわからず。
工場出荷状態に戻す手順はまったく動作せずといった具合でした。

メールで問い合わせてみた

仕方がないのでBOSEのサポートにメールで問い合わせてみました。

翌日には返信が来ました。早い対応でいいですね。

メールを一部抜粋します。

弊社製品をご愛用いただきありがとうございます。
この度は、ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

お問い合わせいただき誠に恐縮ですが、下記の放電作業で
改善があるか、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

◆放電の手順
1. 「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」の電源をOFFにします。
2. 充電ケーブルを外し、非充電状態にします。
3. 48時間(2日間)、充電や電源ONにせず、そのまま放置します。
4. 電源ケーブルを接続して1時間程度待ち、充電残量が増加するか確認します。

◆点検・修理について

上記操作で改善がない場合には、お手数ではございますが、
今一度、弊社サービスセンターにて点検・修理を実施させていただきたく存じます。

メールにある通り放電してみました。
念のため3日間充電せずに放置しました。

その後、電源ケーブルを直接接続して1時間程経過。
というか、電源ケーブル接続した途端に赤ランプ点滅…。いい予感なんてしない…。
一応1時間ほど充電してみましたが、ずっと赤ランプ点滅。

修理に出すことにした…

まったく改善する見込みのないので、修理をメールで依頼しました。
2日後に返信が来ました。

当たり前かもしれませんが、有償修理のご案内でした。

お問い合わせをいただきました「SoundLink Mini Bluetooth Speaker II」につきまして、
現在下記のとおり定額(部品代、技術料を含んだ一律の料金)にて
修理をおこなわせていただいております。

修理料金 : 10,000円(税別)
修理期間 : 修理品到着後、2週間程度
修理内容 : 故障部位の部品交換、動作検査
支払方法 : ヤマト運輸の代金引換(修理完了品お受け取り時、現金支払い)

◆ 修理料金
上記の修理料金は、弊社サービスセンターに直接送付、またはボーズ直営店に
お持ち込みいただいた場合の金額です。
ボーズ直営店以外の販売店にお預けになられた場合は、金額が変わりますので、
お預けになられる販売店にてご確認くださいますようお願いいたします。

◆ 修理後の保証期間
定額料金による修理後、修理日より1年以内に限り、故障部位にかかわらず、
自然故障が生じた場合には無償にて修理いたします(1年間の製品保証)。

症状の確認後見積もりではなくて、定額制なのですねー。
それだけ同じ理由の修理が多いのか、なんなのか…。
旦那様に報告したところ修理に出すとのことだったので、荷造りしてドナドナしていきました…。

スピーカーちゃんが帰ってきた

2週間も帰ってこないのかぁ、としみじみしていたわけですが、
8月12日に発送、8月16日に帰宅しました。
はやっ!仕事早っ!
BOSEには13日着で15日発送ってことですよね。はやっ。

修理票を見てみると、交換した部品がずらーっと10個くらい。
一番最初にバッテリーパックと書いてありました。やっぱりバッテリーがだめになっていたのか…。
でも、1年半でバッテリーが壊れるとかちょっとおかしい気もしますけども。
もともとダメだったのか、なにかの拍子に壊れたのか。
それから、以前にももらったトラブルシューティングの書かれた紙が同梱されていました。

とりあえず1年間の保証期間がついたので、それを越えてまた壊れたらもう修理はないかなぁ。
小さくて音も良くて見た目もいいので気に入っているので、なんとか頑張ってもらいたいものです。

我が家の寝室は遮光カーテンなので、朝になってもわりと暗いんですよね。
いつまでも寝られちゃう、だんだん朝起きるのが遅くなる…

というわけで、「カーテンが自動で開くやつを導入したい」と旦那様が言い出したわけです。

色々調べてみた結果、「めざましカーテン mornin’ 」 に行き着いたようです。

価格は3,985円。 安からず高からず。

公式サイトのこちらから、我が家のカーテンレールに対応しているか確認します。
うん、大丈夫そう。
おそらくですが、一般的なカーテンレールには対応していると思います。

というわけで、試しに買ってみることになりました。

mornin’ 到着。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

こんな可愛らしい箱に入ってます。

取り出してみた。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

手のひらサイズです。

mornin’ をカーテンレールに付けてみよう

さて、早速カーテンレールに取り付けてみましょう。

動かしたいカーテンの端っこのひとつだけカーテンレールから外します。

カーテンを外したフック(?)と次のフック(?)の間にmornin’ を設置します。
設置するときは mornin’ の表面の四角いボタンを押します。
そうすると、mornin’ のフック(?)が回転して、レースに入れられるようにになります。

これが通常時の状態

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

これがボタンを押した時の状態。違いがわかりますかね…?(わかりにくい写真ですみません。)

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

ボタンを押したままカーテンレールに差し込みます。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

カーテンレールにきちんと入ったら、ボタンを離します。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

落ちてこないことを確認して、設置完了。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

カーテンを全部はすして、なんなら、カーテンレールの端っこのストッパーを外さないと、
設置できないと思っていたので、とっても簡単でした。
よく考えられているなぁ。

スマホアプリをインストールしよう

mornin’ はスマホアプリから操作することになるので、アプリをインストールしましょう。

iOS、Android に対応しています。
対応OSや検証端末については公式サイトでご確認ください。

我が家は iPhone6(iOS 10) と ASUS ZenfonGo(Android 5.1.1) で問題なく使えています。

スポンサーリンク

アプリからmornin’ を操作してみよう

(ここからのスクリーンショットはAndroidのものになります。iOSもそれほど変わらなかったと思います)

mornin’ との通信にはBluetoothを使うので、まずスマホのBluetoothをONしておきましょう。

インストールしたmornin’ アプリを起動します。

… 最初の設定は旦那様がやったので細かい操作方法はわからないのですが、特に難しいことはないかと …

アプリのホーム画面にはタイマーとリモコンがあります。

タイマーはカーテンを開ける時間や閉める時間の設定をします。
我が家では8時にオープンして、16:45にクローズする、というようにしています。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

リモコンはタイマーの時間以外にカーテンの開閉をしたいときに使います。
(mornin’ を付けちゃうと手動での開閉ができない、とも言えます…)

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

mornin’ の細かい設定をしてみよう

mornin’ の動作などの設定をしましょう。

メニューから「mornin’ の管理」を選びます。

設定したいmornin’ を選びます。(mornin’ は最大4台まで接続できます)

そうすると、このようにいろいろな設定をすることができます。

アイコン

アイコンは使用場所などに合わせてお好きなものを設定しましょう。
6種類、4色用意されています。

識別の名前

mornin’ にお好きな名前に変えることができます。
うちはとりあえず1台しかないので、初期設定のままです…w

カーテンの開き方

カーテンの開く方向を選びます。
2つ取り付けた場合などはそれぞれ左右に動くようにしないとカーテンが開かなくなっちゃいます。

動作する時間

オープン/クローズするときの時間を設定します。
短すぎると途中までしか開きませんし、長すぎると開いたあともしばらく動き続けるのでいい感じの時間を設定しましょう。

動作パワー

カーテンが重たい場合などにパワーを上げるときちんと開けられるようになります。
パワーに応じて動作音が大きくなってしまうので、ほどよいところがいいかもしれないですね。

我が家は遮光カーテンで少し重ためなので、パワーは5に設定しています。

ファームウェア情報

本体のファールウェアの更新があるとここからわかるようですね。

いざ、mornin’ を動かしてみる

リモコンできちんとカーテンが開いてくれるか確認してみましょう。
動かなかったら、設定を見直してください。
リモコンは途中でストップすることもできますが、設定した動作時間で止まるようになっています。

タイマーもきちんと動作するかあらかじめ確かめておきましょう。

動くとそれなりに感動します(笑)

感想

実際に動かすとわかるのですが、動作音はそれなりにうるさいです。
しばらくは明るくなることより、動作音で目が覚める感じでしたが…。

まぁ、それはそれで目覚まし代わりなっていいかもしれませんし、
うちは慣れてしまって、動作音で目が覚めることはほとんどなくなりました(笑)

慣れてしまえば音は気にならなくなりますし、
自動でカーテンが開いてくれるのは思っていた以上に快適です。
明るいから起きないとなーと自然に思えますしね。

そしてなにより、自動で閉じてくれるのがとても楽です。
いつも暗くなってきたらバタバタとカーテンを閉めに行っていた、その作業がなくなるだけで
こんなにも楽だなんて…。全部のカーテンに付けたくなるくらいです(笑)

ちなみに我が家の寝室は窓が2枚なのですが、mornin’ は一台しか設置していないので片方がしか開きません。
カーテン2枚分、中央から左右に開きたいときは、mornin’ が二台必要になりますので、ご注意ください。

二台だと8,000円かぁ、とも思っちゃいますが、賃貸住宅だと他に手段がないので、結構いいのでは、と思います。

我が家的にはいい買い物したね、という印象です。
まずはお試して一台から始めてみてはいかがでしょうか。


BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker II

ワイヤレススピーカーがほしいね、ということになり購入しました。

th_DSC03331.jpg

さすが BOSE、小さいのに音はいいです。
BOSE らしく低音が響きますが。

家の中ならどこに持って行っても聴けるので、
PC部屋だったり、キッチンだったり、リビングだったり、
あちこちで楽しんでいました。

が、購入してから3ヶ月程が経った頃、
クレードルから外して使ったあと
クレードルに戻しても充電が完了しない、
という現象が発生しました。

以下、結構長いので、対処法だけ見たい方はこちらからどうぞー。

いろいろやってみた。

もう少し充電が減ったら、充電されるかなぁ、と思い使ってみてもダメ。
説明書をくまなく読んでみて、初期化しても状況は変わらず。
アダプタやUSBケーブルと変えても、コンセントを変えてもなにも変わらず。

日々着々と残充電は減ってゆく。

ついに充電は尽きてしまいました。
電源を繋いだままでも使えなくなってしまいました…。
3日位電源を繋いで放置していましたが、まーったく充電されず…。

修理の旅へ。

まぁ。1年経ってないので、修理に出すしか無いかぁ、ということになり、
購入した某家電量販店へ。
修理完了の連絡はメールでお願いしていたので、1週間ほどでメールがきました。

おっ!直ったか!? とワクワクしながらメールを開けると、、、
「ご指摘の症状は確認できませんでした。返却してよろしいですか?」
という内容。 えー、うそーん!
ひとまず、充電が100%になっているという確認をしてから返却してください、とお願いしました。

それから数日で某家電量販店に戻されてので、ちょうど外出中だったので旦那様にピックアップをお願いしました。

自宅に帰還

無事? BOSEちゃん、我が家へ帰還しました。
確かにフル充電されている。
「バッテリー100%デス」って言ってくれます。
どうやって充電したのか、教えてほしいなぁ。

しばらく電源から外した後、充電してみると、きちんと充電される。
いったい何だったんだろう…?

また発症…

それから2ヶ月、気づくとオレンジのランプが点滅している。
そう、ずーっと充電状態になっていたのです。
バッテリー残量を調べてみると「バッテリー80%デス」

気づいた日は1日使っておらず、前日の夜からクレードルの上にいらしたのです。
夜、暗い中で乗せたから、ちゃんと接触できていなかったのかも、
と、USBを直接本体に繋いで一晩、やっぱりダメ。
コンセントを変えたり、USBケーブルやアダプタを変えてもダメ。

えー、また???

もちろん保障期間内だから、もう一度修理に出して、徹底的にみてもらうこともできるけど、
でも、また2週間くらい旅に出てしまうわけで、その間の音楽生活に支障が…

修理の時の報告書を見なおしていたら、もう一枚紙が出てきた。
私が修理に出した時は1枚しか入ってなかったのに。
その紙には、

「SoundLink Mini Bluetooth 接続方法と簡易トラブルシューティング」

と書いてある。
そして、

「充電でいない場合・、・・」

という項目がある。

やってみよう。

対処法。

長々くどくど書き連ねてきましたが(だって悔しくて…)、ようやく自力で充電ができるようになったので、その手順をご紹介。

スポンサーリンク
  • 製品本体に電源アダプターを接続します。
    我が家ではクレードルに乗せた状態でやりましたが、大丈夫でした。
  • 5つあるボタンの真ん中にあるマルチファンクションボタンを10秒以上長押しして、製品を再起動してください。
    このボタンです。
    スクリーンショット 2016-08-02 15.37.06.png
    電源は入っていても入っていなくてもどちらでも再起動できました。
  • 全部のボタンのランプが2,3回点滅して消えたら再起動完了です。
  • 電源アダプターを外し、少し大きめの音で音楽を30分程度再生します。
  • その後再度充電してみます。

これで無事に充電ができるようになりました。

本体の再起動なんて説明書にも載っていないと思うのですが…。
こういう対処法があるならば、最初に教えてくれればいいのにー!

大きめの音って言われてもどの程度がわからなかったので、
iPadから音を出していましたが、ちょうど半分くらいの音量でやりました。
マンションではさすがに音が大きいので、お布団に包んでなるべく音が漏れないように…。

とりあえず短めのアルバムが1枚終わるのを待って、充電をしたら、無事充電できました。

今回いろいろ調べてみると同じ現象が起きている人がちらほら見受けられますし、
今は本体のアップデードで解消されているようですが、初期ロットでは電源が入らないなどのトラブルもあったようです。
ちょっと、充電絡みのトラブルが多い機種なのかもしれないですね…。
今後、アップデートで対応してくれるといいのですが。。。

でも音はいいし、小さくて、バッテリー持ちもいいので、オススメではあります。