年一のカメラの祭典 CP+が2017/02/23〜26の4日間
パシフィコ横浜にて開催されました。

なぜ作ったのか

ここ数年、行っているのですが、私の目的は好きな写真家さんのトークショーだったりします。
CP+公式サイトのイベントスケジュールを見ても各社ほぼ書いていない。
書いてあっても見に行くい。
という現状。

各社の特設サイトを巡るもだんだんわけがわからなくなるー。
という状況。

ならば作ってしまえー。と特急突貫工事で作ってみたのです。

作成開始

作り始めたのはCP+初日から5日前の土曜日でした。
一応完成したのは21日。公開したのが23日の朝。

公開開始

そんなこんなでできたサイトはこんな感じです。
(現在公開は終了させたので、キャプチャ画面になります)

CP+(シーピープラス) 2017のトークショースケジュールサイトを作りました。

出展企業が横にずら~っと並んでます。多いよ、企業さん。。。

決して見やすくはないかもしれませんが、当日の空いた時間に「今、誰のトークショーやってるかな?」と確認程度に使ってもらえれば本望、
と思って、23日の午前中にFacebookとTwitterで公開してみました。

お友達からの評価は上々。わーい♪

その後、やっぱり欲しいなーと思って、その日の夜、検索機能も実装してみました。

翌朝、公開。
こんな感じの検索結果になります。

CP+(シーピープラス) 2017のトークショースケジュールサイトを作りました。

部分一致はできるけど、あいまい検索や複数検索はできません。
あとで思ったけど、複数検索くらい実装すればよかったな。自分が不便だった。。。

とはいえ、検索機能もそれなりに使っていただけたようでなによりです。

スポンサーリンク

作ってみた結果

せっかくなのでGoogle Analyticsで統計を取ってみました。

ページ別ページビュー数

総ページビュー数:892

ページ名 ビュー数
1 /(トップページ) 301(33.74%)
2 3日目 142(15.92%)
3 1日目 127(14.24%)
4 2日目 123(13.79%)
5 検索画面 103(11.55%)
6 4日目 96(10.76%)

/ と1日目は同じページではあるのですが、まぁ意識して1日目に移動した人がいるってことで別にしました。
3日目は土曜日からか少し多いですね。
自分が使った分も含まれているので、絶対な値ではないのですが、
基本的にお友達にしか告知していないので、これだけ見てもらえたのはうれしいですね♪

ページ別ページビュー数

総ページビュー数:892

ページ名 ビュー数
1 神奈川 371(41.59%)
2 東京 346(38.79%)
3 愛知 55(6.17%)
4 北海道 32(3.59%)
5 大阪 27(3.03%)
6 埼玉 16(1.79%)
7 福岡 8(0.90%)
8 熊本 8(0.90%)
9 千葉 6(0.67%)
10 群馬 2(0.22%)
11 静岡 2(0.22%)
12 広島 2(0.22%)
13 宮城 1(0.11%)
14 福島 1(0.11%)
15 茨城 1(0.11%)
16 奈良 1(0.11%)

当たり前ですが、神奈川が多いですね。次いで東京。
3位に愛知県、4位北海道、5位大阪、というのが意外な…

そもそも私その県に友達いないし。
Facebookでは公開範囲を「友達の友達」にしていたので、その影響でしょうか。
それともTwitterからの流入なのか。
そこまで調べていないのでわかりませんが。

この順位からは除外しましたが、ミシガンとかジョージアとかダブリンとか
Cordillera Administrative Region とかからもお越しでした。
Cordillera Administrative Region ってどこ!?w
不思議です…w

作ってみて感想

作るのはものすごく面倒でした。
各社サイトは当たり前ですがフォーマットもバラバラなのでスクレイピングするわけにも行かず。
スケジュール表が画像だったりするところも多いし。

なので一社一社、サイトを見ながら手入力でした。
(もちろんある程度動的にやってますけども)

それでも役に立ったと言われるとやっぱりうれしいですねー。
なにより自分が便利に使えましたし。

来年もCP+参戦するようであれば、今回のものより良いものを作りたいです。

そんなこんなで、
小さい規模でもシステム作るのって楽しいな、と思えた数日間で楽しかったのでした♪

今回は旦那様用にニット帽を編んでみました。

俺、帽子似合わないからいらない、と言い続けてましたが、
作ってみていらなかったらまた解いて違うものを編めばいいかと思い。
似合いそうな形を考えつつ、またまた毛糸ピエロさんの編み図をお借りしました。

出来上がりはこちら。

棒針編み リブ編みのニットキャップを編んでみた

ニットキャップ慣れしていないので、まずはシンプルなのがいいかと思い、リブ編みのニットキャップにしました。
着用写真がないのでわかりにくいのですが、少し先がとがるタイプのものになります。

編み図はおなじみ毛糸ピエロさんです。
男性の着用写真があるのでそちらを参考にしてみてください。

使用毛糸、棒針等

今回使った糸は自宅に余っていた糸なのですが、ヤナギヤさんのこちらの糸だったと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★45%OFF★YANAGIYARN NATURE オーガニックウール ネイチャー◆肌触り柔らか癒される太タイプ毛糸 毛玉になりにくくぷっくりした触り心地◆ 柳屋オリジナル毛糸【グループ2】
価格:266円(税込、送料別) (2017/2/23時点)

編み図の糸より少し細いようだったので、編み針は棒針8号を使いました。
編み図では4本棒針を使っていますが、8号は2本針しか持っていないので…w
平らに編んで、両サイドをすくいとじをして、輪になるようにしました。
編み図の通りだとすくいとじができないので、各段の最初と最後に表編を1目ずつ足して編んでいきます。

作成工程

作り目はいくつにしたのか、微妙に忘れていまいましたが、102目くらいだったと思います。
糸によっても変わってくるので、二目ゴム編みを適当な長さで作ってみて、ゲージを図るのが良いかと思います。

あと、作り目をするときですが、最後にすくいとじをするので、出来上がりの長さプラス10cmくらい(この場合だと40cmくらい)余るようにしてください。

そうしたら、ひたすらずーっと二目ゴム編みです。
最初と最後だけ表編みが入るのでそこだけ間違えないように。
といっても少し間違えたって最後は閉じちゃうので、あまりに気にしない(えw)

ずーっと編んで編んで、編み終わりがこんな感じです。
段数ですが、編み図に書いてある31cmになるようにしています。
時々長さを確認しつつ編んでいくのが良いですかね。

棒針編み リブ編みのニットキャップを編んでみた

編み終わったら、最終段の目にとじ針で糸を通します。念のために二重に通りましょう。
通し終わったら糸端を引っ張って絞りますが、両サイドをすくいとじするので、少し緩めに絞っておきます。

棒針編み リブ編みのニットキャップを編んでみた

なんか、マントみたいになりました(笑)

そうしたら、すくいとじをしましょう!
すくいとじのやりかたは色々なサイトに載っているので、そちらで調べていただいて…。

棒針編み リブ編みのニットキャップを編んでみた

何段かゆるめに糸を通して、ぎゅぅっと引っ張ると…

棒針編み リブ編みのニットキャップを編んでみた

すーっと編み目がつながってすっきり!
なんか好きですこの工程。
気持ちよくないですか?私だけですかね(笑)

あ、きちんとやる場合は、下5cmくらいは折り返すので、折り返す部分は裏側からすくいとじをしましょう。
折り返し部分が終わったら表側からすくいとじをすればOKです。

そんなこんな楽しみながら、最後の段までとじてあげて、
てっぺんを最後にぎゅーーーっと絞ってあげて、
適当に糸処理して、完成です!

で、旦那様にかぶせてみたところ、似合うじゃないの。
ご本人も気に入ってくれたようで、寒い日にはかぶってくれています♪
頑張って作ったかいがあったわー。

旦那様にニット帽作ったら、わたしも欲しくなったので、今編んでます。
でも、もうウールのニット帽の季節は終わりそうですけども。。。

できたらまたアップしてみます!


毎度おなじみ毛糸ピエロさんのサイトを見ていたら、かわいいネックウォーマーの編み図が公開されていたので、編んでみました♪

あっ。毎度毎度毛糸ピエロさんですけど、回し者でもなんでもないです。
かわいいサンプルとたくさん公開してくださっているので、ついつい暇なときに眺めちゃうんですよね。
そうやってついつい毛糸を買っちゃうという…w

今回作ったものはこちらの2つ。

棒針編み 模様編みのネックウォーマ

紺色は旦那様、白は私が使ってます♪

参考にした編み図はこちら

最近公開された編み図ですね。
ネックウォーマーを編みたいなぁと思っていて、毛糸ピエロさんのページを開いたら真っ先に目に入ってきて、これだー!ってw

棒針の模様編みはあまりやったことがなかったので、練習がてら家に余ってた紺色の毛糸で作ってみたら、
予想外に良い出来になったので、旦那様に使ってもらうことにしました。

ぱっと見た感じだと模様がかなり可愛いようにも思えますが、着けてみると男性でも違和感なく使えると思います♪

使用毛糸

今回はこちらの編み図の毛糸ではなく、違う糸を使いました。

紺色はキャンドゥで買った「なないろ彩色」です。
今シーズンがからどうやらリニューアルされているらしいのですが、私の行きつけのキャンドゥは旧バージョンでした。
ラベルを捨ててしまったので色番はわからないのです(´-﹏-`;)

白は毛糸ピエロさんのWHIPS(ホイップス)です。

お色は「04 ハニーチャイ」です。
ベージュっぽい優しい色合いです。
この毛糸、お値段はお手頃価格ですが、ふわふわで肌触りが良いのでオススメです。

スポンサーリンク

使用針など

編み図の毛糸は並太なので、使った糸とは太さが違うので、それぞれ使用する針や目数、段数を変えて編みました。
と言っても模様があるので、模様単位で目数は変えています。

編み手に寄って変わってくるとは思うので参考にしてみてください。

なないろ彩色

使用毛糸:なないろ彩色 2玉
使用針:棒針10号
目数:82目(20目で1模様なので、4模様になります)
段数:50段(23cmくらいのところまで編んだから50目になりました)

けっこうふんわりボリュームが出ていい感じになりました♪
82目だと編み図に書いてある50cmよりは小さくなりますが、旦那様でもかぶれるし、首にきゅっとするの暖かいとのことでした。

WHIPS(ホイップス)

使用毛糸:ホイップス1玉(2枚仕立てにする場合は2玉)
使用針:棒針8号
目数:102目(20目で1模様なので、5模様になります)
段数:64段(編み図の通りで23cmになりました)

針の号数は同じなので編み図通りに122目で編んでいたのですが、ちょっと大きいようだったので、82目で作り直しました。
そうしたらちょうど50cmくらいになりました。

ホイップスの場合は起毛な糸なので、これだけだとちょっと薄い感じでこころもとなかったので、
同じ目数、段数で二目ゴム編みをして、繋げて2枚仕立てにしてみました。

そこまで寒がりじゃなければこれで十分暖かいと思いますー。

が、私はかなり寒がりなので、もう少し細くしたい、、、ので、また編み直すかも(;´Д`)

さて、次は旦那様ように作ってみたニット帽でも紹介したいな、と思っています!

我が家の寝室は遮光カーテンなので、朝になってもわりと暗いんですよね。
いつまでも寝られちゃう、だんだん朝起きるのが遅くなる…

というわけで、「カーテンが自動で開くやつを導入したい」と旦那様が言い出したわけです。

色々調べてみた結果、「めざましカーテン mornin’ 」 に行き着いたようです。

価格は3,985円。 安からず高からず。

公式サイトのこちらから、我が家のカーテンレールに対応しているか確認します。
うん、大丈夫そう。
おそらくですが、一般的なカーテンレールには対応していると思います。

というわけで、試しに買ってみることになりました。

mornin’ 到着。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

こんな可愛らしい箱に入ってます。

取り出してみた。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

手のひらサイズです。

mornin’ をカーテンレールに付けてみよう

さて、早速カーテンレールに取り付けてみましょう。

動かしたいカーテンの端っこのひとつだけカーテンレールから外します。

カーテンを外したフック(?)と次のフック(?)の間にmornin’ を設置します。
設置するときは mornin’ の表面の四角いボタンを押します。
そうすると、mornin’ のフック(?)が回転して、レースに入れられるようにになります。

これが通常時の状態

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

これがボタンを押した時の状態。違いがわかりますかね…?(わかりにくい写真ですみません。)

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

ボタンを押したままカーテンレールに差し込みます。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

カーテンレールにきちんと入ったら、ボタンを離します。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

落ちてこないことを確認して、設置完了。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

カーテンを全部はすして、なんなら、カーテンレールの端っこのストッパーを外さないと、
設置できないと思っていたので、とっても簡単でした。
よく考えられているなぁ。

スマホアプリをインストールしよう

mornin’ はスマホアプリから操作することになるので、アプリをインストールしましょう。

iOS、Android に対応しています。
対応OSや検証端末については公式サイトでご確認ください。

我が家は iPhone6(iOS 10) と ASUS ZenfonGo(Android 5.1.1) で問題なく使えています。

スポンサーリンク

アプリからmornin’ を操作してみよう

(ここからのスクリーンショットはAndroidのものになります。iOSもそれほど変わらなかったと思います)

mornin’ との通信にはBluetoothを使うので、まずスマホのBluetoothをONしておきましょう。

インストールしたmornin’ アプリを起動します。

… 最初の設定は旦那様がやったので細かい操作方法はわからないのですが、特に難しいことはないかと …

アプリのホーム画面にはタイマーとリモコンがあります。

タイマーはカーテンを開ける時間や閉める時間の設定をします。
我が家では8時にオープンして、16:45にクローズする、というようにしています。

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

リモコンはタイマーの時間以外にカーテンの開閉をしたいときに使います。
(mornin’ を付けちゃうと手動での開閉ができない、とも言えます…)

めざましカーテン mornin (モーニン) でカーテンを自動開閉させてみた

mornin’ の細かい設定をしてみよう

mornin’ の動作などの設定をしましょう。

メニューから「mornin’ の管理」を選びます。

設定したいmornin’ を選びます。(mornin’ は最大4台まで接続できます)

そうすると、このようにいろいろな設定をすることができます。

アイコン

アイコンは使用場所などに合わせてお好きなものを設定しましょう。
6種類、4色用意されています。

識別の名前

mornin’ にお好きな名前に変えることができます。
うちはとりあえず1台しかないので、初期設定のままです…w

カーテンの開き方

カーテンの開く方向を選びます。
2つ取り付けた場合などはそれぞれ左右に動くようにしないとカーテンが開かなくなっちゃいます。

動作する時間

オープン/クローズするときの時間を設定します。
短すぎると途中までしか開きませんし、長すぎると開いたあともしばらく動き続けるのでいい感じの時間を設定しましょう。

動作パワー

カーテンが重たい場合などにパワーを上げるときちんと開けられるようになります。
パワーに応じて動作音が大きくなってしまうので、ほどよいところがいいかもしれないですね。

我が家は遮光カーテンで少し重ためなので、パワーは5に設定しています。

ファームウェア情報

本体のファールウェアの更新があるとここからわかるようですね。

いざ、mornin’ を動かしてみる

リモコンできちんとカーテンが開いてくれるか確認してみましょう。
動かなかったら、設定を見直してください。
リモコンは途中でストップすることもできますが、設定した動作時間で止まるようになっています。

タイマーもきちんと動作するかあらかじめ確かめておきましょう。

動くとそれなりに感動します(笑)

感想

実際に動かすとわかるのですが、動作音はそれなりにうるさいです。
しばらくは明るくなることより、動作音で目が覚める感じでしたが…。

まぁ、それはそれで目覚まし代わりなっていいかもしれませんし、
うちは慣れてしまって、動作音で目が覚めることはほとんどなくなりました(笑)

慣れてしまえば音は気にならなくなりますし、
自動でカーテンが開いてくれるのは思っていた以上に快適です。
明るいから起きないとなーと自然に思えますしね。

そしてなにより、自動で閉じてくれるのがとても楽です。
いつも暗くなってきたらバタバタとカーテンを閉めに行っていた、その作業がなくなるだけで
こんなにも楽だなんて…。全部のカーテンに付けたくなるくらいです(笑)

ちなみに我が家の寝室は窓が2枚なのですが、mornin’ は一台しか設置していないので片方がしか開きません。
カーテン2枚分、中央から左右に開きたいときは、mornin’ が二台必要になりますので、ご注意ください。

二台だと8,000円かぁ、とも思っちゃいますが、賃貸住宅だと他に手段がないので、結構いいのでは、と思います。

我が家的にはいい買い物したね、という印象です。
まずはお試して一台から始めてみてはいかがでしょうか。