旦那様がRailsエンジニアなので、そこには手を出すまいと思っていた私ですが、
つい出来心でRailsチュートリアルに手を出してしまいました。。。

全14章からなるチュートリアル
着手したのが3月17日、完了したのが3月30日
ちょうど2週間。
14日間で、全14章なので、1日1章のペースです。

実際、そのペースで行なっていました。
じっくり取り組むとどうしても1章に2時間程度かかってしまうので、
家事が終わったあとから昼食までの時間、
昼食後、お仕事開始までの少しの時間、
それから夜寝るまでの空いた時間、
などと、とにかく空いている時間に少しつづ進めたり、
予定のない日は時間を作って1章を一気にやる
と言った具合に進めていきました。

思った以上に大変でしたー…
もちろん予定があったりする日もあるわけで、どうしても予定通りには進まず
1日に2章を進めてる日もあったり。

完了したときの達成感はなかなかです。

スクリーンショット 2017-03-30 22.09.58.png

こんな感じで、Twitterっぽいアプリが完成します。

といったところで、やってみた感想など。

スポンサーリンク

率直にドキュメントとしてよくできているなぁ、と思いました。
Rubyをやったことがなくてもわかるように書いてありますし、
Railsでの開発手法が理解できるのは当然として、
Webアプリケーションの開発方法を体系的に学べるので
ある程度プログラムは書けるようになった新人さんなどの教育にもちょうど良さそうだな、と思いました。

Frameworkはもちろん便利ですが、どうしても学習コストがかかってしまう。
リファレンスは充実しているFrameworkは多いと思いますが、
じゃあそれを実際はどうやって使って、それを使ったら結果がどうなるの?といった具体的なイメージがしにくかったりして、
学習コストがかさんでいく…。

そこできちんと体系的に学べるチュートリアルがある、しかもオープンな状態なので
誰でも手軽に始めることができる、というのはとてもいいですね。
最終的にひとつのWebアプリができあがるので、達成感も味わえます。

Railsが普及した要因のひとつである気がしました。
Rubyは勉強会やコミュニティが活発なのも、こういうオープンな姿勢があるからこそなのかしら、と思ったりもしました。

ただ、14章ってちょっと長いなぁ、とも思ったり…。
最初の頃は、おぉ動いた!とか、こんなに簡単に実装できちゃうのか!、とか、いろいろ感動があるのですが、
どうしても飽きちゃうのですよねー。もちろん個人差があると思いますが。
最後までやり抜く力もつける、という目的もあるなら、それはそれで成功な気もしますが(笑)

とは言っても、このチュートリアルは本当によくできているなぁ、と思うので、
RailsでWebアプリを作りたい人は必ずやるべきかと。

他のFrameworkを使う予定だけどWebアプリを作ったことがない人にもオススメできると思います。
Webアプリの仕組みも理解できますし、認証周りの作成方法とかもどのFrameworkを使っても基本的な仕組みは同じなので、
Railsチュートリアルをやっておけば、リファレンスも読みやすくなると思います。

Webエンジニアに興味のある方はぜひやってみるといいと思います!

我が家においての利点は旦那様のお仕事の話をより理解できるようになった、といったところです(笑)

前回、旦那様用に作ったニット帽のなかなかいい具合に作れたので、自分用にも♪
同じものをサイズ違いで作っても飽きちゃうので、今回のニット帽はケーブル編みにしてみました。

出来上がりはこちら

棒針編み ケーブル編みのニット帽を作ってみた

被ってみるとこんな感じになります。ちょっととんがり気味でかわいいです。

棒針編み ケーブル編みのニット帽を作ってみた

必要なもの

必要なものはこちらです。

棒針編み ケーブル編みのニット帽を作ってみた
  • 毛糸(極太のもの)
  • 棒針10号
  • 縄編み針
  • とじ針
  • 段数マーカー(なくてもOKです)

段数マーカーはなくても数えればいいのですが、縄編みしたところからの段数を数えるのに便利です。
縄編み針も段数マーカーも100円ショップで買えるので、なにかのついでぜひw

今回の毛糸は自宅に余っていた100円ショップで買った、「なないろ彩色」の紺色です。
棒針10号なので、極太の糸がいいかなぁと思います。

毛糸ピエロさんのこちらの糸でも良さそうな気がします。

スポンサーリンク

作り方

今回は自分なりに作り方を考えてみたので、編み図を載せてみます。
といっても簡単ですが…

棒針編みでニット帽 編み図

ノートの方眼ひとつがひと目と思ってください。
何も書いていない目は表編みをします。
四角く囲って斜線が入っている箇所は「右上3目交差」です。

一般的な作り目から始めます。作り目は98目にしました。これでだいたい40cmくらい。
(写真は110目で34cmとなってますが、98目で40cmが正解です💦)
最後にすくいとじをするので、端糸が40cmくらい余るように作り目をしてください。

2目ゴム編みを10段作ります。
そこから、模様編みをするために編み方を変えます。だいたい6段くらい編めばいいかなぁという感じです。

交差編みが入る間隔は、7目ごとになります。
全体で28cmくらいになるまで繰り返し編みます。

最後の4段で減らし目をします。左上2目一度で減らし目をします。
減らし目をする最初の段は裏編み2目と交差編みの真ん中の2目を減らし目します。
次の段は裏を見て編むので、前の段と同じように編むのですが、裏編みの部分がわかりにくので少し注意してください。
次の段で再び減らし目をしますが、今度は表編みの2目と交差編みの左右の2目を減らし目します。
最後の段は裏に見て編むので、やはり前の段と同じように編んでください。
これで本体は出来上がりです。

最後まで編めたら、毛糸を30cm出して切ります。
とじ針を使って編み終わりの目に通します。念のため2重に通したら、絞ってあげます。
ここではまだきつく絞る必要はないです。

次にすくいとじをして、端と端を繋げてあげましょう。
作り目をしたときにあまらせておいた糸にとじ針を通してすくいとじをします。
最初の15目くらいは裏を見てとじてあげます。その後は表を見て閉じます。

最後までとじたら、てっぺんをきつく閉じてあげると、帽子の形になります。
糸処理をすれば完成です!

一回作り直したりしたので、完成した頃には真冬を過ぎてしまいましたが、
来シーズンはたくさん使ってあげようと思います♪

編み図について

基本的には個人のご利用にお使いください。(プレゼントなどはOKです)
もしこちらの編み図を利用して作成した作品を販売される場合は、「usaco-pgの編み図を使用」と、
参考にしてアレンジした作成した作品を販売される場合は、「usaco-pgの編み図をアレンジ」などと
明記していただけるとありがたいです。

ホワイトバルサミコ酢を使って、ピクルスを作ってみたので、
その備忘録として…。

ある日。

スーパーでとても大きなカリフラワーが売ってた。
お高いのだろうと思ったら、158円(税別)
お安い!

このくらいのサイズ。

ホワイトバルサミコでピクルスを作ってみた

大きさが伝わる気がしない…。
スマホは5インチです。
葉っぱを取り除いてから実の部分だけ測ったところ
直径16cmありました。
数字にしても大きさが伝わる気がしない。。。

まるごと茹でたのですが、20cmのお鍋がちょうどいいサイズでした。

普通に食べて、もちろん美味しかったのですが、
とにかく量が多い。
結構大きなボウルに山盛りになりました(笑)

そういえばカリフラワーのピクルスって美味しいよなーと思い、
そうか、作ればいいじゃん。と。

で、一般的には白ワインビネガーかお酢だと思うんですけど、
私、ホワイトバルサミコ酢が大好きなんですね。
酸味が柔らかいじゃないですか。

大好きなイタリアンのお店で食べたサラダのドレッシングがホワイトバルサミコを使っていて
とても美味しくて感動したんですよ。

なので、ピクルスもホワイトバルサミコで作りたーい!

レシピ

材料

  • お好きなお野菜を適量
    今回使ったお野菜
    • カリフラワー
    • きゅうり
    • ミニトマト
    • セロリ
    • サラダ大根
  • ピクルス液
    • ホワイトバルサミコ酢:200cc
    • お水:200cc
    • 砂糖:大さじ4
    • 塩:小さじ1
    • 黒胡椒(粒):10粒ほど

作り方

  • 保存する容器の準備。
    耐熱ガラスの容器だったので煮沸消毒をしました
  • お野菜を食べやすい大きさに切る。
    ミニトマトは下手を取って、爪楊枝で数か所を穴を開ける
    お野菜によっては下茹でをしておいてください。
  • ピクルス液の材料をすべて鍋に入れてひと煮立ちさせる
  • お野菜を保存容器に詰めて、ピクルス液が温かいうちに注ぐ
  • 粗熱が取れたら冷蔵庫へ。一晩寝かす。
スポンサーリンク

出来上がり♪

ホワイトバルサミコでピクルスを作ってみた

写真は作ってから3日後くらいかな。
だいぶ食べたあとなので容器の中にはほとんど入ってませんけども(笑)

酸味がまろやかでおいしいです♪

ただ、ホワイトバルサミコだとコストがかかるのが難点ですよねぇ。

今回使ったホワイトバルサミコはこちらです。

ホワイトバルサミコってビネガー程種類が売っていないと思うのですが、
成城石井やクイーンズ伊勢丹に置いてあるのでわりと手に入れやすいと思います。

また作ってみよう♪